五行の山で夢をみた。

視聴記録&感想。ネタバレあり。華流ドラマ、中国映画、香港映画、韓流ドラマなどなど。

LOVE

f:id:kaixinxx:20210815174042j:plain

古いけど好きな台湾映画。原題もズバリ《愛》と、シンプルですね。

最初なんとなくキラキラした男女が盛り上がってハッピーになるお話、気分よく見れたらまあいいかぐらいに思ってましたが、それぞれの人生で孤独を抱える登場人物たちを優しく見守るような目線になり、意外と心に残る作品でした。

内容はよくあると言っちゃあなんですが台湾版「ラブ・アクチュアリー」。互いに関係している8人の登場人物たちの間で、3つのラブストーリーが同時進行で描かれる。そして、御覧のとおりの素敵なキャストでございます。マーク・チャオとイーサン・ルァンだけでもおお、となりますがヴィッキー・チャオスー・チーアイビー・チェン、と女優陣も好し。

中心になるのはスー・チーとイーサン・ルァンのカップルですが、他の映画ではやくざっぽい艶やアクションなんかも堂々とこなす2人が、大人同士のとってもウブな恋愛を見せてくれてほのぼのします。吃音のある若者役で、自信満々キャラじゃないイーサンていうのも可愛いかったし、スー・チーのクセのあるしゃべり方も、この役には合ってる。

一番お顔が整っているエディ・ポンは、若さだけしかない学生の男の子っていう役。理解がありすぎる完璧彼氏みたいなのではなく、本作ではただただ爽やかな若い子ってだけで、ルックスによく似合ってると思いました。アイビー・チェン、アンバー・クォのあいだで若さゆえの悩ましい三角関係を演じています。

とくに良かったのがヴィッキーとマークのカップル。キツめの顔立ちながら可愛い妹系の役が多いわ!と思ってたヴィッキーですが、本作では気丈なシングルマザー役。なかなかいいです。年増のシングルマザーが若い金持ち男に色仕掛けで迫るシーン、冗談みたいな演出をする彼女だけど、子供にパパをプレゼントするためにがんばってんだなと、切なく哀しい気持ちに。アイドルドラマとは一味ちがう恋愛模様です。実年齢9歳差の2人だけど、顔立ちのせいかヴィッキーが老け見えしてて、もっと歳の差あるように感じましたがね。でも恋に理由や説明は不要なんよね。アリかな。と思わせてくれます。

学生たちのお話以外は、境遇や立場を考えるとふつうはくっつかない2人が惹かれあうストーリーだけど、”実は運命の相手”とか”駆け引き”とか無くても、好きになっていく過程に納得感があるからすごいと思います。《モンガに散る》《軍中楽園》などのニウ・チェンザー監督、弱い者に寄り添う感じが上手なのかな。(私がラブコメ見すぎなだけか?)

ところで、この記事を書くのにネットで監督を調べてて知りましたが、ニウ・チェンザー氏は2020年に台湾で強制性交の罪で実刑判決を受けておられるんですね…ショックだわ。チャン・チュンニン主演《情非得以之生存之道》で本人役で出演されてた時の、リアルなクズ男っぷりを思い出してしまった。あれはほんまにひどかった。見てて心がささくれ立ったもの。虚構だったらクズ男でも映画の役に立つかもしれませんが、現実世界では完全にナシです。いい作品ばかりの監督なのに。そういうとこ本当に気をつけてほしかったよ。 。。

作品情報

原題 《爱》

公開年 2012年 台湾映画

監督 ニウ・チェンザー(钮承泽)

上映時間 128分

◆やさしい世界観◆恋愛映画

キャスト

ロウイー:スー・チー舒淇

イエ:ヴィッキー・チャオ(赵薇)

クヮン:イーサン・ルァン(阮经天)

マーク:マーク・チャオ(赵又廷)

カイ:エディ・ポン(彭于晏)

イージァ:アイビー・チェン(陈意涵)

ニー:アンバー・クォ(郭采洁)

ルーピン:ニウ・チェンザー(钮承泽)