五行の山で夢をみた。

視聴記録&感想。ネタバレあり。華流ドラマ、中国映画、香港映画、韓流ドラマなどなど。

ダイイング・アンサー ~法医秦明~

 竜番市警察署を舞台に、監察医・秦明(チンミン)と刑事長・林涛(リンタオ)のコンビに、転勤してきた監察医・李大宝(ダーバオ)。個性はバラバラでも、捜査にけっして妥協しない姿勢は共通する3人が、数々の難事件を解決していく物語。

www.youtube.com

 

上質スーツを着こなすインテリ(&変人)・秦明と、正義感つよく友情にあつい男・林涛、高身長でスタイル抜群の男性ふたりに挟まれ、すこしも引けを取らない大宝の存在感が貴重。ボーイッシュな妹的存在をさわやかに演じる焦俊艶、カッコイイです。

f:id:kaixinxx:20210627223507j:plain

李大宝

この3人がうかつに三角関係などにおちいらず、同僚関係でいつづけてくれるのがまた良し。妹的ポジションの大宝をさりげなくフォローする林涛と、口ではバカにしてても彼女の実力はしっかり認めている秦明。職場の理想郷か?こういう恋愛ぬきの仲良しな関係性がいい。シリアスな事件とは裏腹な3人のとぼけた掛けあいも、本作品の大きな魅力です。

本作の売りは中国ドラマに珍しいリアルな描写だそうで、監察医ものなので死体は毎回映りますがそんなに気持ち悪い画面は出てこないです。私はゾンビ、ホラー、スプラッタ系は自分からは見ないですが、でも本作に出てくるレベルはだいじょーぶでしたよ!

事件のトリックなどはそんなに複雑じゃなく、ほどほどで丁度よいというか、見やすかったです。それに中国大連ロケの現代劇ということで、リアルな街中が見られるのも魅力のひとつ。都会だけじゃなくてキャンプ場、農村、郊外の町、映画スタジオなどなど場面が豊富で、ラブコメにはない中国が見られるので退屈しません。とくに農村などは、中国旅行でまず訪れることがない場所。「こうゆう家に住んでるの!」なんて、ストーリーと関係ないところでもビックリできます。

《琅琊榜》のチェン・ハオフォン(程皓枫)がふた役で登場するのも見どころ。同じ見た目で内面が全然違う2人を演じ分けていて、《琅琊榜》の萧景睿とも、似てもにつかない。初め同じ役者さんだと気づかなかった。中国の俳優さんは演技がうまいんですね。

エンディングテーマは秦明ことチャン・ルオユンが作詞と歌唱を担当。これまた私の年代には懐かしい感もある、味わい深い仕上がり。例えばルパン三世とか昭和アニメのエンディングみたいな感じかな?ドラマの後味をいい感じに締めてくれます。ぜひご注目ください。

この3人の続編がすごく見たいけど、どうやらシーズン毎に役者さん変わっているんだよね……。

作 品 情 報

制作国 中国

制作年 2016年

監督 徐昴

原作 秦明《第十一根手指》

全20話(U-NEXT 見放題になった!(*'▽'))

◆監察医◆死体◆トラウマ◆バディ◆サイコパス◆スーツの美形男

 ”法医秦明 经典台词”で検索すると名セリフがたくさん出てきますが私のお気に入りは、大宝の ”出堪现场,不长痔疮!chūkān xiàn chǎng bù zhǎng zhì chuāng(現場百回は痔の予防)でした。日本語訳がうまい。

 キャスト

 秦明(チンミン):  チャン・ルオユン(张若昀)

 林涛(リンタオ): リー・シエン(李現)

 李大宝(ダーバオ): ジャオ・ジュンイェン(焦俊艶)

 池子(チーズ): チュー・ジンジン(屈菁菁)

 銭波(竜番市警察の局長): タン・ヨンミン(譚永明)

 武力学/陳彪(2役): チェン・ハオフォン(程皓枫)