五行の山で夢をみた。

ひまつぶしと現実逃避の記録

御赐小仵作

2021年ドラマランキングで気になってた《御赐小仵作》

f:id:kaixinxx:20220221215424j:plain

唐の時代、長安の大理寺で検死官見習いとなった主人公・楚楚(チューチュー)が、上司である王爷・萧景瑜(ジンユー)と共に次々と難事件を解決していくお話。

楚楚は見習いとはいえ、検死の腕は天才的。被害者の遺体を丹念に調べ、死者の言葉に耳をかたむけながら、犯行時の様子をあざやかに蘇らせることができるんです。そこに明晰な頭脳で大理寺を統括する景瑜、事件捜査のプロ・景少卿、女侠・冷月が加わって、まさに無敵のチームが誕生。身にふりかかる危険もいとわず、正義のためにどこまでも事件を追い続けます。

検死官を生業とする一家の生まれで、田舎から出てきたばかりの素朴な女の子、楚楚。勤勉で、けなげで一途。

それに対して景瑜は家柄も良く将来は約束されていて、仕事には妥協を許さず、人柄はおちついてて優しく…と、申し訳ないけど出木杉くんすぎて印象薄~😅 顔は悪くない。

けっきょく景瑜役のワン・ズーチーは相棒の景少卿役、 ヤン・ティンドンの可愛さを”引き立てる効果”をぞんぶんに発揮しちゃってた🤣。ずーっとカタいまま、ラストまで終わっちまいました。もうちょっと愛嬌あるほうが好きです。

いちおう恋愛の要素もあったんですが、いい人同士が自然~と仲良くなるだけで、正直あんまりトキメク感じではなかったような💦

敵キャラですが私のお気に入りは「秦公公」。

宮廷劇の「公公(コンコン)」はキャラが濃いものと相場が決まってますが、こちらの秦公公も、かなり濃いめの味付け。ふつーにしゃべってるだけでだいぶヘンなので、もし現代劇だったら、到底無理なキャラではないでしょうか。コメディ感を盤石に下支えしてるだけじゃなく、ストーリー的にも大いに活躍する重要な役どころです。

ドラマ全体のテイストとしては、コメディ感があってテンポよく、思いがけない気軽さでした。終始、事件の謎を追いながら進行するので飽きません。

怪奇な事件が起こるものの、楚楚をとりまく仲間たちが和気あいあいとした空気なので、楽しい。《法医秦明》の古装版みたいな感じでしょうか。

家事の合間とかにサクッと見れて、あっという間に完走できたし(だって、事件の結末が気になるからさ!)

良かったと思います😊

作品情報

2021年 全36集

キャスト

萧景瑜 ワン・ズーチー

楚楚 スー・シャオトン

景翊(景少卿) ヤン・ティンドン

冷月 ジャオ・ヤオコー

秦公公 ムー・ファイフー

麗姫と始皇帝

ディリラバ主演、2017年のドラマ。

f:id:kaixinxx:20220220135847j:plain

秦王嬴政と運命の女性・麗姫との、激しくも哀しい愛の物語。

三国時代、衛国の武侠一家で生まれ育ち、幸せに暮らしていた麗姫が、愛するものを守るため、落ち着いた暮らしを捨てて独りで秦王のもとに身を委ねることを決意。後宮の権謀術数に巻き込まれながらも愛を見つけ、心のままに強く生きようとする姿が描かれています。

秦王嬴政と麗姫、それから麗の兄弟子である荊軻と韓申を中心に物語が進行。史実から結末は予測できてしまうので、ストーリーの行方というよりは、公孫麗という架空の人物の生きざまを見ればいいんでしょうね。。。

王宮では嬴政の寵愛を一身に受けて他の側妻や重臣たちから疎まれ、麗は陰謀の標的になってしまいます。次々に困難が襲いかかるも、持ち前の智恵と武功、そしてゆるぎない愛と義侠心で乗り越えていきます。

f:id:kaixinxx:20220220140019j:plain

チャン・ビンビンとディリラバはどっちも好きなので、一応見とこうかなと。やはりやはりお美しい~😊

チャン・ビンビンの嬴政は、ルックス良し!長い手足のせいか、動作も大きくドラマチックに見えて、嬴政の唯我独尊なキャラクターとよく合ってた。

弊害として、荊軻が見劣りし過ぎてしまって、途中で一瞬存在を忘れちゃうぐらいでした。

f:id:kaixinxx:20220220135958j:plain

荊軻

気になったのは、麗姫のファッションがだんだん派手になり、マックス時にはまるで花魁みたいになってしまうところ。ちょっと派手すぎなんちゃうか?

ディリラバの顔立ちに負けないようにしたらこうなるの?妓女のようだ…。さらに短刀を握りしめて立ってたりすると、もう極道の妻やん🤣それだけ画面の美しさを追求したっていうことなのかもしれませんがね。たしかにお綺麗なんですが。

お話としては、やはりどうしようもなく悲劇で終わる運命ですが、物語展開のテンポもよく、次々と事件が起こり感情が移り変わっていくので、飽きる暇なく最後まで見ることができました😊

作品情報

2017年《秦时丽人明月心》48集

キャスト

公孫麗 ディリラバ

秦王嬴政 チャン・ビンビン

荊軻 リウ・チャン

韓申 リ・タイ

蓋蘭 チャン・シュエン

レジェンド・オブ・スウォーズマン

2018年のドラマ《新笑傲江湖》です。

f:id:kaixinxx:20220213235322j:plain

笑傲江湖といえば、かの金庸先生原作による武侠ものの古典的作品。素人の私でも全く知らんわけではなく、過去作品をチラ見した程度の認識はあった。当時は武侠のしきたり(?)や用語についていけず、ハマることなく終わってました。

今回は、だいぶ史劇も見慣れてきたし~そろそろ武侠関係もいけるんちゃうかと、挑戦してみたわけです…

これ面白かったですよ!

早送りもせず、最後までしっかり見ました。2周目いけそうなぐらい気に入ってます✨✨

正統派と呼ばれる名門派閥と魔教・日月神教との対立を背景に、幻の剣譜をめぐる剣豪たちの陰謀や盛衰がくりひろげられます。そんな江湖の世界で、悩みながらも強きにおもねることなく自らの義侠心にしたがって生きる主人公、令狐冲の愛と友情と成長が描かれた物語。

有名作品なのでスター俳優が名を連ねてるのか?と思いきや「令狐冲」も「東方不敗」も、ぜんぜん知らん俳優さんです。(単に私が知らないだけか?💦)

令狐冲はディン・グァンセンっていう俳優さんで、”爽やかさ”あふれる仕様。これまで抱いていた武侠のイメージとは違いました~。かといって、キラキラのイケメンっちゅうわけでもない。目鼻口が小ぶりで、ツルッとした若者・・・っていう薄めの第一印象😅。ちょっと子供に見えてしまうかな。

だけどこの子はスタイルが良い。顔がめっちゃ小さくて手足がスラっと長いんです。アクションが映える子をキャスティングしたんかな~。

敵対する林平之がイケメン公子という設定だし、ルックス的には令狐冲の顔が特にキレイじゃなくてもまあいいんでしょうね。それに、各正派の掌門である師匠たちが濃いキャラ揃いすぎ!なので、バランス的には大丈夫かも。

 

令狐冲の剣のシーンはクルクル回る動作が多いんですが、しなやかで流れるような動きがとっても綺麗✨

特に途中で長老の”風師匠”から技を伝授され天下無敵になってからは、たよりなさげだった若者が急にカッコよく見えて成長を実感、素敵でした~。

f:id:kaixinxx:20220220001201j:plain

東方不敗(ディン・ユーシー)

あとは東方不敗がよかったです。過去の作品では女性が演じたりしてた美形のダークキャラ、本作では男性のディン・ユーシー。

私のなかでハイライトの一つは、第34話で東方不敗の誠実イケメンキャラに初めてほころびが見える回でした。東方不敗を愛してしまう藍教主役の女優さんが好みのタイプだったので、無理とは知りつつも何とかハッピーエンドにならんかな・・・って気持ちで見てたんですが、本性が表れる瞬間の東方不敗の露骨な表情が、淡い期待を粉々に打ち砕いてくれました。急にめっちゃ悪い奴になるやん!

f:id:kaixinxx:20220220001208j:plain

藍教主(リウ・ジャートン)

お気に入りの藍教主のほか、妹弟子のリンシャン、尼僧のイーリン、日月神教の聖女インインも美女ぞろい。ドラマの魅力の一つといえるでしょう。

ストーリー上、令狐冲が彼女たちにモテるっていう一面もあるのですが・・・ディン・グァンセンが「子供顔」なもんで、美女らとつりあいが取れない🤣。まあ恋愛はひとつの要素に過ぎないので、キスシーンとか最小限にしてくれてて、それはよかったなと思いました。

 

知ってる俳優さんも出てなくて期待せずに見始めたんですが、見終わってみたら面白かった~。

もっと武侠ものにチャレンジしようかな。

 

作品情報

2018年《新笑傲江湖》全37話

キャスト

令狐冲:ディン・グァンセン 丁冠森

东方不败: ディン・ユーシー 丁禹兮

任盈盈:シュエ・ハオジン  薛昊婧

依琳:ジャン・ジュオチュン 姜卓君

岳灵珊:ジャン・ズーシン  姜梓新

沧余海:木幡竜

 

 

西遊記 孫悟空 VS 白骨夫人

2016年の映画。西遊記の定番「白骨精」の回ですね。

f:id:kaixinxx:20220219213931j:plain

アーロン・クォックは猿でもめちゃかっこええ・・・

ほとんどアーロンと猪八戒役の小沈阳(シャオシェンヤン)にくぎ付けで

ウィリアム・フォンの唐僧をちゃんと見るの忘れてたよ~

モンキーマジック 孫悟空誕生』(ドニー・イェン孫悟空役)の続編になりますね。本作の後、さらに続編の『西遊記 女人国の戦い』も公開されていますが、私はだんぜんこの『白骨夫人』が好きです!

今回は冒頭で孫悟空が五行山から助け出され、猪八戒沙悟浄も加わりおなじみの御一行様が完成。4人が天竺へ向かう途中に立ち寄った雲海西国で、唐僧の肉を食べて不老不死を得ようとたくらむ”白骨夫人”に狙われるお話。

 

眼福なのが巩俐(コン・リー)様の白骨夫人のビジュアル!

なーんでこんなにお美しいのでしょう。

ハリウッド映画の妖女なんか、バッタもんに見えてしまうほど、迫力があって、邪な空気を出しつつも哀しくて、美しい白骨精でした。

老婆のすがたになって前世で人間から受けた恨みを唐僧に語りかけるシーンでは、悲しい悔しい感情が伝わってきて、同情してしまう。感情を語る言葉を持っている、大人の白骨精。貫禄~。

およそ30年前にはしっかり大人の女性だったコン・リー… 当時、私が初めて覚えた「中国美人の名前」かもしれないです。

あのころ『さらば、わが愛/覇王別姫』が流行ったんですよねー。石頭の奥さん役でしたね。あの頃もお美しかった。まったく歳とってないみたいに見えますが。ほんまに妖女なのかもしれん。

f:id:kaixinxx:20220219215117j:plain

アーロン・クォックの孫悟空は、お顔がイケメンなだけではなく内面も一本芯が通った強さ。先のことまで見通しつつ、誤解されてもヘソを曲げることなく、一喜一憂しちゃうお師匠様や市民を助けるため身を挺して戦う、ヒーロー感あるキャラクターになっています。さらに沙悟浄もイケメンで常識人キャラ、印象は若干薄いが(←🤣)あいかわらず御一行様の良心として健在。

そんな中でひときわ精細を放っているのが、やっぱり猪八戒さんでした🧡

f:id:kaixinxx:20220219230127j:plain

この役者さんのハマり具合がやばい!

小さいお目目とポッコリお腹のバランスが、もうかわいくて。。。🐽

演じている小沈阳さんのキャラかなと思いますが、一個一個の動作もコミカルで。気になりだしたら、ずっと目で追ってニヤニヤしちまいました。。。

 

それもアーロン・クォック=孫悟空の存在感があってこそのお楽しみ。

この御一行様、バランス最高です。ずっと見てられるな~・・・

もっともっと続編を期待!

作品情報

原題 《西游记之孙悟空三打白骨精》

公開年 2016年 香港映画

監督 ソイ・チェン(郑保瑞)

アクション監督 サモ・ハン

120分

キャスト

孫悟空:アーロン・クォック

猪八戒: 小沈陽(シャオシェンヤン)

沙悟浄:ルオ・ズーイー

唐僧(三蔵法師):ウィリアム・フォン

白骨精:コン・リー

観音菩薩ケリー・チャン

 

愛しい僕のラッキーガール/Cute Programmer

現代劇のシン・ジャオリンが見たくて『愛しい僕のラッキーガール』と『Cute Programmer 程序员那么可爱』の2作、いってみました。

f:id:kaixinxx:20211204132046j:plain

『愛しい僕のラッキーガール』

f:id:kaixinxx:20211214231138j:plain

邢运(シン・ユン)役はバイ・ルー
ふつーにかわいい~。

f:id:kaixinxx:20211214231135j:plain

シン・ジャオリンはゲーム会社のCEO 
夏柯(シア・コー)役

2作は設定が似ていて、富二代のゲーム会社社長(シン・ジャオリン)と可愛い部下の恋愛模様を描いたラブコメ

『愛しい僕のラッキーガール』はヒロインのバイ・ルーが明るいキャラで可愛く、全体がコミカルなタッチ。楽しく見れました。

創業時から一緒にがんばってきた社員シン・ユンに、シア・コーは友情以上の気持ちを感じ始めるものの、お互い普段から一緒にいすぎて素直に言えず、鈍いシン・ユンはなかなか気づいてくれない。そんなことしてるうちライバルが現れたり、会社の経営が危機に陥ったりして、これを乗り越えながら2人は近づいていきます。

ひたすら追うパターンの、優しいお兄さんキャラのシン・ジャオリン😊

 

もう一つの『Cute Programmer 程序员那么可爱』の方は、カリスマプログラマーのイーチェンに憧れていたルー・リーが、卒業後に彼の会社になんとか潜りこんだものの、イーチェンに冷たくされたり、利用されて契約結婚しちゃったりで、なかなかハッピーになれない。コミカルタッチの『愛しい僕の~』とは違って、ちょっとドロドロ系ですかね。

f:id:kaixinxx:20211218135937j:plain

『CuteProgrammer』

とくに途中で現れるイーチェンの元カノが結構な嫌がらせを次々と繰り出し、見てる私も黒い気持ちに🙄💦

→ とはいえ男のシャツに口紅を付けるなんて、手口が古い~!とかある意味、笑えるポイントはあったか。。。

f:id:kaixinxx:20211218143446j:plain

ルー・リー役のジュー・シュータン
美人!

嫌がらせ以外にも、華ドラお約束の波乱万丈 ”つけ狙われる”とか”契約結婚”とか”失踪”とか。正直お腹いっぱいやな~。

結局ルー・リー役のジュー・シュータンが美人・・・っていう感想が残った🤣

ジュー・シュータンは、《三生三世十里桃花》での玄女役が印象的。本作はキャラが違いすぎて、しばらく同じ女優さんだと気づかなかった。ルー・リーは卒業したてで22~23歳の設定、違和感なかった。今度はこの女優さんで、ちょっと大人な恋愛ドラマが見たい。

 

さて肝心の(?)シン・ジャオリン、この2作のうちでは私は『愛しい僕のラッキーガール』のシア・コーが好み。『Cute Programmer』のイーチェンは、あまりに子供っぽすぎた。。。

細かいけど、髪型とかファッションでもテンションが左右されちゃうので、その点でもシア・コー推しやね。

f:id:kaixinxx:20211215225052j:plain

シア・コーのシン・ジャオリン

《双世宠妃》とはまた違って、現代劇だと若く見えるしかわいい!

もうちょっと「笑顔」が可愛かったらば、さらにさらに魅力UPなんやけどなー

フッ、って若干しらけた感じの笑い方する。それか無理して笑ってるような。クールなキャラなんか知らんけど、表情にもうちょい柔らかさが欲しいような。。。

せっかくの良い素材をお持ちなので…ぜひ笑顔をバージョンアップしてくれたら!

お願いよ~✨

 

現代世界のシン・ジャオリンを堪能する!という視聴目的は達成できました。

満足です。

 

シン・ジャオリン

最近知った中国俳優、シン・ジャオリン

すごーく切れ長の目がやばい

f:id:kaixinxx:20211128170421j:plain

シン・ジャオリン

このシュッとした目をもっと見たい…

《双世宠妃》(墨連城役)が代表作なんですね

f:id:kaixinxx:20211128170418j:plain

《双世宠妃》はシーズン3まである~

 

シン・ジャオリンが演じるのは第八皇子・墨連城役。リャン・ジエ演じる曲壇儿と政略結婚するも、彼女は連城が皇位継承の座を争うライバル、第一皇子・奕懐の幼なじみにして想い人だった。彼女は第一皇子のスパイなんじゃないかと疑う連城でしたが、次第に彼女に魅かれるようになり、のちにスパイの疑いが晴れてからは、妻を溺愛するように…。ところが、曲壇儿には秘密があり、実は現代からタイムスリップしてきた”小壇(シャオタン)”が彼女の身体に入り込んでいて、2人の精神が1つの身体を共有している、いわば”二重人格状態”で結婚生活を送っていたのです。そんな事情に全く気付かず”小壇”と愛し合うようになる墨連城でしたが、もとの人格である”壇儿(タンアル)”は奕懐への気持ちを断ち切れないままで、時に連城を失望させるような行動をしてしまう。”小壇”と”壇儿”、身体は1つなのに別々の男性を愛してしまった2人は、それぞれの思いを成就させることができるのか。。。

シーズン1はこんなストーリー(だったはず?)。

 

タイムスリップ、パラレルワールド、1人2役と、とにかく目まぐるしい。

基本的にシリアスからは遠めな感じで、ずーっとドタバタ、わざとらしい下ネタもあり。

これ見ながら、とってもほのぼのしてしまうのは何でなんでしょう。

 

古装だと、シン・ジャオリン氏の切れ長の目がさらに引き立ってて良い。

その美しい真面目顔で、ギャグみたいなお話を演じてるのがツボなんです。

 

『蒼穹の剣』を見はじめた

f:id:kaixinxx:20211107173845j:plain

アマゾンプライムで『蒼穹の剣』を見はじめた。

『琅琊榜』で飛流が好きすぎて!これ見たかった。

呉磊(レオ・ウー)、林允(ジェリー・リン)主演。

でも長いの!全部で45話もあって。

 

”闘気大陸”という架空の世界で、シャオイェン(主役・呉磊)、シュンアル(林允)、イェンランたち”五大家族”の跡取り達をはじめとする若者が、”闘気”によって世界を変えようと修行に励み、悩み、成長していくストーリー。

”闘気”とは、武侠パワーの大きさをはかる概念みたいなもの?で、修行で鍛えることができ、”段”が上がると強くなっていく様子。武侠ファンタジーやね。

 

学園ものなんで、『僕のヒーローアカデミア』とか『ハリー・ポッター』とか思い出しつつ。子供っぽいかな~と思ったけど、楽しめてます!

f:id:kaixinxx:20211107182505j:plain

まずバロン・チェンが好きやし~。シャオイェンの大師匠役。色っぽいし、可愛げも出してくるよね。気軽に近づけそうだけど実はすごい大きな人…って感じの大師匠。泣いてても怒ってても、やっぱりどっか可愛い。

 

《命中注定我爱你》のディラン役が好きで、この人が出てると嬉しい。

f:id:kaixinxx:20211107182508j:plain

画的に美しいのはやっぱり林允かな。熏儿(シュンアル)は強い女の子で、アクションシーンも多数。

ほとんど西遊記の白骨精しかイメージなかったですが・・・

従順な妹キャラと戦闘力の高さのギャップが気持ちいいです。

 

今32話で、誰かにはめられて放火の犯人にされ、家を追い出されたシャオイェンが砂漠に来たところぐらいなんですけど…

気になる登場人物とか伏線が多すぎて、これ45話でほんまに全部きれいにおさまるんかな??

予備知識なしでここまで来たものの心配になってきました。

ちゃんと全部見て納得がいってたら、また感想書きたいです。