五行の山で夢をみた。

視聴記録&感想。ネタバレあり。華流ドラマ、中国映画、香港映画、韓流ドラマなどなど。

あなたが眠っている間に

f:id:kaixinxx:20210619151207j:plain

ペ・スジが見たかったので。

 

www.youtube.com

 ”予知夢”って、寝ている間にみた夢が、目覚めてからほんとうになるってことですよね。このドラマには予知夢を見る人たちが出てきます。夢をきっかけに出会ったジェチャンとホンジュはやがて互いが”運命の相手”であることを知る。まっすぐな愛情と友情そして正義をかてに、恐ろしい運命の筋書きにも勇敢に立ち向かっていく若者たちの物語。

ジェチャンは漢江地検の末席検事として、新人ながら立てつづけに難事件を担当して非情な苦労をするのですが、悪戦苦闘しながら真実に近づくうち幼なじみの弁護士・ユボムの悪事が数々あきらかになり、確執が深まっていきます。やがてジェチャンとホンジュの身の上にも魔の手が襲いかかる――。執拗な悪意に翻弄され何度も傷つきながら、みずからの手で未来を変えようと立ち向かうふたり。果たしてジェチャンはユボムとの闘いに勝ち、愛と正義そして友情を守ることができるのか。

本作でもやっぱり美男美女キャストに要注目です。アイドル出身のペ・スジにモデル出身のイ・ジョンソク、なんともスラリとして清楚なイメージのカップル。お互いを「カニ」「犬のクソ」とネーミングするセンスも、青春真っ只中な感じでなんともさわやかじゃないですか。

ただ、そんな2人を差しおいて私が夢中だったのは、警察官のウタク!笑顔がめっちゃいいんです。制服、美男、腹筋。ウタクは笑顔が素敵で友達をとっても大事にする真っすぐな男の子で、自分が大切なものを失うのが分かっているのに、みずから犠牲になって友達を助けてしまうんです。なんてええ子なんや…(泣)

ジェチャンが事件の真相を追うにつれて、2人(または3人)の仲も深まっていくお話になっているので、ラブストーリーだけのドラマと違って、サスペンスの縦軸があると断然見やすい。事件の真相が気になり、青春がすでに遠くなった中年でも無理なく完走できましたよ。 

 

f:id:kaixinxx:20210703205436p:plain

ウタクの正装。まぶしすぎる~。

f:id:kaixinxx:20210619151306j:plain

警察官の同僚役には欠かせない、ぽっちゃりキャラの彼

f:id:kaixinxx:20210619151627j:plain

名前知らないけど好きな女優さん!

 

作品情報

脚本 パク・ヘリョン

演出 オ・チュンファン

公開 2017年

全24話(U-next配信) 

◆予知夢◆運命の相手◆命の恩人◆正義

ふつうの学園ものや青春ものラブストーリーでは退屈な人、超常現象に抵抗がない人、日常の小さなできごとに隠された「運命の出会い」を信じるあなたにおすすめ。

キャスト

チャン・ジェチャン(新人検事):イ・ジョンソク

ナム・ホンジュ(休職中の報道記者):ペ・スジ

ハン・ウタク(警察官):チョン・ヘイン

イ・ユボム(弁護士、元検事):イ・サンヨプ

チョン・スンウォン(ジェチャンの弟):シン・ジェハ

チェ・ダムドン(地検の係長):キム・ウォネ

 

 

 

77回、彼氏をゆるす

Netflixにおすすめされて見た香港映画。

華流作品の数こそ多くないものの、Netflix中国語字幕に切り替え可能。

本作も字幕どころか音声も広東語・北京語チェンジ可能。おもしろい。 

www.youtube.com

主人公がふと立ち寄ったショップで出会った「77回、彼氏をゆるすノート」が、現実の恋愛を変えていくというストーリーで、同棲彼氏とずるずるつき合っている30代OLが、一冊のノートをきっかけに、ダメ男と弱気な自分に決別しようと奮闘します。

ジムインストラクターのアダムと弁護士のエヴァは付き合って10年。何かと自分本位なアダムだが結婚を意識するエヴァは長いことそんな彼を受け入れてきた。彼女がとうとう家を出て別れを突きつけた時、アダムにはその理由もきっかけも分からなかったが、エヴァが残していった一冊のノートには別れに至るまでの思いが綴られていた。エヴァの大切さに気づき、彼女を取り戻そうと一念発起するアダムだが・・・。

ザコンなトラウマにこだわって自分しか見えてないお子ちゃまな男アダム、そんな彼にがっかりしっぱなしの日常に疑問を感じるエヴァは、ノートにひとつずつエピソードを書き加え、77回目まで許した後についに別れを決意します。

この77回許す過程がほんとに、心が苦しい。数々の「ダメ彼氏あるある」にイライラ。みんな一つは自分にも思い当たることがあるんじゃないだろうか。エヴァを客観的な目で見ていると、「でも悪い人じゃないし~」なんて言ってちゃダメだと、痛感させてくれる。映画を見ながら、早く別れなさい!と心の中で叫んでしまいます。

エヴァ役シャーリーン・チョイのイメージが平凡ながらかわいくて好感もてます。それにギャグ要素としては香港映画らしいぶっ飛びキャラも登場したりで、わりと気楽に見られる一方、自分勝手なパートナーに老いていく親に仕事のストレス、シビアな現実を全部ひとりで引き受けなくてはならない30代女性エヴァに、どうしても自分を重ねてしまったり。 

正直なところ77回目を待たずして、もっと早く別れるべきだと思うが、そうもいかないのが人情ってやつでしょうかね。終盤では、アダムの怒涛の追い上げがエヴァの決心を脅かす。こいつをクズ男として過去に葬るか?こんなんでも自分を必要としてくれる男だから大事にするか?軽いタッチとは裏腹に、女として真剣に考えてしまうテーマでしょうね。

ラストシーンは続きを予感させるような終わり方で、後味は良かったです。エヴァの最後の笑顔が素敵。自分の選択に後悔してないんだとうれしくなります。

はっきり言ってトキメキとか美男とかは出てこないですが、パワーをもらえた感じで印象に残った作品。

作品情報

原題 《原谅他77次》

監督 ハーマン・ヤオ(邱禮濤)

脚本 エリカ・リー李敏)

制作 2017年

香港OL・お子ちゃま男・ダメ彼氏あるある・アンソニー ウォン泣く・茅ヶ崎ロケ

キャスト 

 エヴァ: シャーリーン・チョイ(蔡卓妍)

 アダム: チャウ・パッホウ(周柏豪)
 ハートビート: ジリアン・チョン(锺欣潼)

 マンディ: ミシェル・ワイ(衛詩雅)

 シャッター: フランシス・ン呉鎮宇

 白弁護士: アンソニー・ウォン(黄秋生)

 

 

愛の不時着

久しくウワサだけ聞いていた『愛の不時着』ようやく見ました。

メロドラマ感ありすぎなタイトル、北朝鮮ものという先入観もあってなかなか手をつけられなかったが、友人に勧めてもらったので一回見ておきたくなりました。

www.youtube.com

北緯38度線、軍人とセレブ実業家というギャップをまたいでだ、大人向けの純愛ラブストーリー。

韓国の財閥令嬢ユン・セリが、パラグライダー試乗中に竜巻に巻き込まれ、風にのって非武装地帯(DMZ)を越境、図らずも北朝鮮に不法侵入してしまう。不時着したところを北朝鮮の軍人ジョンヒョクに救助されるが、これが運命の出会いであった。

不法侵入が発覚したらユン・セリは韓国へ帰れなくなってしまう。生来の善良さと純粋な友情から、秘密裏に彼女を韓国へ帰そうと策をめぐらせるジョンヒョク。互いを愛するなど夢にも思わなかったが、幾多の危機をともに乗り越えるうち、いつしか互いに愛し合うようになる2人。さてこの愛の行方はいかに…?というお話。

物資もインフラも乏しい北朝鮮汚職にも染まらず真面目に軍人をやり、空から飛んできた全然知らん女を一生懸命助けちゃうような、真っすぐなジョンヒョクのキャラクターが良い。笑わないし、おしゃべりじゃないし、直立の軍人姿勢。でも素朴で力強く温かさがあるんですよね~。ヒョンビンの抑えた演技が逆にリアリティを感じさせ、ふつうのラブコメとはちょっと違う男らしさの魅力が味わえると思います。

命の危険と隣り合わせの許されない恋、そんな中でもジョンヒョクの部下隊員たちが、ほのぼのしたキャラクターで笑いを提供してくれるので、落ち着いて見ることができます。北朝鮮人とか韓国人とかの以前に、素朴で優しくていい人たち。イケメンのグァンボムと一番小さいウンドンは表情も子供みたいで可愛い。私は特にチェ・ジウファンのジュモク氏がお気に入り。演じるユ・スビンは「スタートアップ」でITベンチャー”サムサンテック”の一員だった人で、そっちの役も好きでした。いわゆるイケメンとは違いますが。もう一人、次期中隊長のピョ・チス兄貴はファッション・テロリストと呼ばれた私服シーンが最高、私世代には懐かしさあふれるダサさを見せつけてくれます。あのちぐはぐな感じは、経済発展前期に出現する”ファッションあるある”なのかもしれないですね。

キム・ジョンヒョンとソ・ジヘの脇役カップルもよかったですね。ドラマチックな悲恋に終わってしまうのですが、不器用な2人が素直になっていく過程に心惹かれました。

二つの国にまたがって、軍人同士の権謀術数、元彼と婚約者のサブカップル、家族の愛、村人の友情、たくさんの出来事や気持ちが全16話に詰め込まれています。短いから見やすいのもよかったです。

反日の内容でもないですし、日本人が見ても”北朝鮮”がちょっとだけ近くなるような作品だと思います。 

作品情報

監督 イ・ジョンヒョ

脚本 パク・ジウン

公開 2019年

全16話 

◆許されない恋◆北朝鮮の男◆一期一会◆チェ ジウ出てくる

キャスト

ユン・セリ(韓国の女性実業家):ソン・イェジン

リ・ジョンヒョク(北朝鮮の軍人):ヒョンビン

チョ・チョルガン(北朝鮮の軍人):オ・マンソク

ソ・ダン(ジョンヒョクの婚約者。音楽家):ソ・ジヘ

ク・スンジュン(北朝鮮へ逃亡中の詐欺師):キム・ジョンヒョン