五行の山で夢をみた。

視聴記録&感想。ネタバレあり。華流ドラマ、中国映画、香港映画、韓流ドラマなどなど。

LOVE

f:id:kaixinxx:20210815174042j:plain

古いけど好きな台湾映画。原題もズバリ《愛》と、シンプルですね。

最初なんとなくキラキラした男女が盛り上がってハッピーになるお話、気分よく見れたらまあいいかぐらいに思ってましたが、それぞれの人生で孤独を抱える登場人物たちを優しく見守るような目線になり、意外と心に残る作品でした。

内容はよくあると言っちゃあなんですが台湾版「ラブ・アクチュアリー」。互いに関係している8人の登場人物たちの間で、3つのラブストーリーが同時進行で描かれる。そして、御覧のとおりの素敵なキャストでございます。マーク・チャオとイーサン・ルァンだけでもおお、となりますがヴィッキー・チャオスー・チーアイビー・チェン、と女優陣も好し。

中心になるのはスー・チーとイーサン・ルァンのカップルですが、他の映画ではやくざっぽい艶やアクションなんかも堂々とこなす2人が、大人同士のとってもウブな恋愛を見せてくれてほのぼのします。吃音のある若者役で、自信満々キャラじゃないイーサンていうのも可愛いかったし、スー・チーのクセのあるしゃべり方も、この役には合ってる。

一番お顔が整っているエディ・ポンは、若さだけしかない学生の男の子っていう役。理解がありすぎる完璧彼氏みたいなのではなく、本作ではただただ爽やかな若い子ってだけで、ルックスによく似合ってると思いました。アイビー・チェン、アンバー・クォのあいだで若さゆえの悩ましい三角関係を演じています。

とくに良かったのがヴィッキーとマークのカップル。キツめの顔立ちながら可愛い妹系の役が多いわ!と思ってたヴィッキーですが、本作では気丈なシングルマザー役。なかなかいいです。年増のシングルマザーが若い金持ち男に色仕掛けで迫るシーン、冗談みたいな演出をする彼女だけど、子供にパパをプレゼントするためにがんばってんだなと、切なく哀しい気持ちに。アイドルドラマとは一味ちがう恋愛模様です。実年齢9歳差の2人だけど、顔立ちのせいかヴィッキーが老け見えしてて、もっと歳の差あるように感じましたがね。でも恋に理由や説明は不要なんよね。アリかな。と思わせてくれます。

学生たちのお話以外は、境遇や立場を考えるとふつうはくっつかない2人が惹かれあうストーリーだけど、”実は運命の相手”とか”駆け引き”とか無くても、好きになっていく過程に納得感があるからすごいと思います。《モンガに散る》《軍中楽園》などのニウ・チェンザー監督、弱い者に寄り添う感じが上手なのかな。(私がラブコメ見すぎなだけか?)

ところで、この記事を書くのにネットで監督を調べてて知りましたが、ニウ・チェンザー氏は2020年に台湾で強制性交の罪で実刑判決を受けておられるんですね…ショックだわ。チャン・チュンニン主演《情非得以之生存之道》で本人役で出演されてた時の、リアルなクズ男っぷりを思い出してしまった。あれはほんまにひどかった。見てて心がささくれ立ったもの。虚構だったらクズ男でも映画の役に立つかもしれませんが、現実世界では完全にナシです。いい作品ばかりの監督なのに。そういうとこ本当に気をつけてほしかったよ。 。。

作品情報

原題 《爱》

公開年 2012年 台湾映画

監督 ニウ・チェンザー(钮承泽)

上映時間 128分

◆やさしい世界観◆恋愛映画

キャスト

ロウイー:スー・チー舒淇

イエ:ヴィッキー・チャオ(赵薇)

クヮン:イーサン・ルァン(阮经天)

マーク:マーク・チャオ(赵又廷)

カイ:エディ・ポン(彭于晏)

イージァ:アイビー・チェン(陈意涵)

ニー:アンバー・クォ(郭采洁)

ルーピン:ニウ・チェンザー(钮承泽)

 

王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件

f:id:kaixinxx:20210815162555j:plain

アンディ・ラウ様主演による、オカルトっぽいサスペンス時代劇。判事ディーシリーズは2作目を劇場で見たのが初めてで、つづく3作目も主演はマーク・チャオ氏になっていたので。その1作目がアンディ・ラウだったなんて~!当時48歳くらいか?若々しさもあってシブくもある、いいお年頃。

これの邦題たまりませんね。「人体発火怪奇事件」って。。。子供の頃に学校の図書室にあった江戸川乱歩コーナーの空気感。登場人物のうちではレオン・カーフェイ演じるシャトーが、鉤の義手(フック船長みたいなやつ)だったりしてそれっぽい感じです。

お話は、大唐帝国武則天即位式前夜の数日間を舞台にした、緊迫感あふれるサスペンス・アクション。女の皇帝として初めて即位しようとする武則天をめぐって、有力者たちの思惑や恨みを持つ者たちの復讐心がうごめく中、都では人体が自然に発火して死に至る怪死事件が相次ぐ。武則天は謀反の罪で服役していたディーに事件の解決を託し、自らは権力の象徴となる巨大な仏像「通天仏」の建設を急いでいた。最後には犯人の壮大な計画が明らかになるが、これを阻止しようとするディーも生命の危機にさらされてしまう。果たしてディーは武則天を、大唐帝国を救えるのか? といったような内容です。

タイトル通り、怪奇!な雰囲気がつまってました。人体が発火するとゆー荒唐無稽な殺し方については結局これといったトリックもないんですが、それでも怪奇には違いありません。謎ときのスリルもさることながら、ツィ・ハーク作品らしくビジュアルがキレイで、画面見てるだけで楽しめます(見るからにハリボテやん、みたいなのは出てこないし)。アンディ様とレオン・カーフェイさんのアクションシーンもよかったです。アクション監督はサモハン・キンポーさんなんですね。とくに通天仏内部でのシーンは立体的な足場構造を使った立ち回りで、身体動作の美しさと緊迫感をつくづく味わえる見せ場になっています。

本作はストーリーが面白いのはもちろん、アンディ・ラウ様の大活躍を惚れぼれと眺める映像集としてもイケてます。もっさもさの髭のびほうだいな囚人のアンディ、そんなルックスながら降るような矢を避けて美女を守る男気のアンディ、官服に身をつつみインテリジェントな中年のアンディ、この世界を救った男として皇帝に説教する正しい男アンディ……。もう、カッコいいシーンしかないんかい!と言いたい。マーク・チャオ版も、全然いいんですけどね。このシリーズは2作目3作目も好きです。

 

作品情報

原題 《狄仁杰之通天帝国》

公開年 2010年 中国映画

監督 ツィ・ハーク(徐克)

アクション監督 サモ・ハン・キンポー(洪金宝)

上映時間 123分

◆ツィ・ハークの判事ディーシリーズ1作目◆謎とき&アクション

キャスト

ディー・レンチェ:アンディ・ラウ(刘德华)

チンアル:リー・ビンビン(李冰冰)

武則天:カリーナ・ラウ(刘嘉玲)

ペイ:ドン・チャオ(邓超)

シャトー:レオン・カーフェイ(梁家辉)

モンキー・マジック 孫悟空誕生

f:id:kaixinxx:20210807160458j:plain

 

超・超・超豪華キャストな西遊記映画。

孫悟空や神仙が使う術のシーンだけでなく、背景や馬、建物もほとんど全てCGで、幻想の物語世界が画面いっぱいに広がります。(・・・家がパカッと割れて、パックンフラワーが閉じるかのようにまたくっつくなど細部のツッコミはさておき。)

 

別の映画では孫悟空を演じているアーロン・クォックが本作のもう一人の主役、男前すぎる牛魔王に。妻の鉄扇公主には、美魔女感ありつつ永遠にキュートなジョアン・チェン。なんちゅう美男美女を持ってくるのでしょう。強さとカッコよさ、もろさが同居する武神・二郎真君にはピーター・ホー。真っすぐな男、がんばったのに結局裏切られちゃう、こうゆう役が本当に似合いますね。影帝チョウ・ユンファはおとうさん的ポジションでやさしい玉帝を演じています。

主役の孫悟空ドニー・イェンで、ビジュアルがほぼ猿、仕草もほぼ猿。古典作品の伝説的孫悟空・六小齢童氏ほどではないにしても…表情までも猿っぽく見えて、めちゃかわいい斉天大聖になってます。だけど戦闘シーンのアクションはビシッと決まってて文句なし、ワイヤーアクションも綺麗~。私的にかなり好きな孫悟空でした。

さらにケリー・チャン観音菩薩が出てくると、ちがう意味で合掌、拝みたい気持ちに。40~41歳当時かな?かわらない美しさ。

 

ストーリーは西遊記の最も有名な一節で三蔵法師と旅にでる前の、孫悟空が天界の厩番に任ぜられ調子に乗っていたのもつかの間、木っ端役人とバカにされて腹を立て、仙果の桃を盗み食いしたあげくに天界で大暴れしてしまうお話です。

 

「師匠、生きるも死ぬも俺の運命です!」といって、孫悟空が燃えさかるかまどに飛び込むシーンがカッコよくて好きでした。(ま、死なないんですけどね。)窮地でも判断力と勇気あふれる猿の英雄。

ふしぎなのは、最後、牛魔王に対抗するため孫悟空が巨大化してキングコング?になってしまうところ。なんでゴリラになるのだろう。猿のままで勝ってほしい。

作品情報

原題 《西游记之大闹天宫》

公開年 2014年 香港映画

監督 ソイ・チェン(郑保瑞)

上映時間 120分

西遊記◆キャストがすごすぎる

雑多な日常からの逃避行で幻想世界へ。眼の保養にもおすすめ!

キャスト

孫悟空ドニー・イェン(甄子丹)

玉帝陛下:チョウ・ユンファ(周润发)

牛魔王:アーロン・クォック(郭富城)

二郎真君:ピーター・ホー(何润东)

九尾狐:シャー・ズートン(夏梓桐)

須菩提祖師:ハイ・イーティエン(海一天)

鉄扇公主ジョアン・チェン(陈乔恩)

女媧:エイリーン(张梓琳)

観音菩薩ケリー・チャン(陈慧琳)

嫦娥:ジジ・リョン(梁咏琪)

 

008皇帝ミッション

U-NEXTにはこんな作品もあるんか!と驚き。25年も前のチャウシンチー映画。

これを久々に見て、若い時のチャウ・シンチーやっぱりカッコイイな~って思ったのと、この映画ではカリーナ・ラウ演じる奥さんが好き。めちゃ優しくて明るくて、こんな奥さんいたら可愛くてしかたないだろうな。 

感動も涙もリアリティもなければ、戦慄もスリルもスケールもないんですけど、何も考えずに笑って、あったかい気持ちになれる、いい作品だと思います。

 

ファは皇帝の秘密警護役として仕えていたが、武芸も鍛えずくだらない発明ばかりしていたため、あっさりクビになってしまう。宮廷を追い出され、婦人科医として生計をたてていたが、隣国の学会に参加しようと出かけたところ、皇帝を狙う陰謀に巻き込まれてしまう。無事に皇帝を救い出し信頼を取り戻したファは、次に皇帝の妾候補を調査するよう命じられるが。。。

 

っていうお話ですが、ストーリーよりもファ(チャウシンチー)と妻のカーリン(カリーナ・ラウ)、僧のファチャン(ロー・カーイン)たちが繰り広げるコントを楽しむ映画です。

f:id:kaixinxx:20210803161436j:plain


時代のせいだと思いますがCGが使われてないので、すべて役者さんのアクションやセリフ回し、大道具小道具で表現。安っぽいキグルミとか、見るからにのハリボテとか、手作り感満載の”分身の術”とかの、緊迫感に欠ける感じがなんとも絶妙。

まず主人公の名前「ファ」からして恭喜发财(繁栄と福がありますように)の”发 ファ”から取られていて、お正月映画感を前面にプッシュしています。シリアスなシーンがほとんどありませんが、家族みんなで見て笑えればそれでいいってことですよね。

 作品情報

原題 《大内密探零零发》

公開年 1996年 香港映画

監督 チャウ・シンチー、ヴィンセント・コク、労剣華

上映時間 89分

◆香港のお正月映画

心底ばかばかしい内容ですが、意外と何度も見てしまう。

キャスト

ファ:チャウ・シンチー

カーリン:カリーナ・ラウ

ファチャン:ロー・カーイン

琴操:リー・ルオトン

皇帝:ジャン・ダーミン

 

悟空伝

こんなの西遊記じゃないパート2、エディ・ポン主演の「悟空伝」です。ちなみに、こんなの西遊記じゃないパート1は韓国ドラマ「花遊記(ファユギ)」でした。

 

今何在氏による中国のネット小説が原作の、いわゆる西遊記とはほぼ関係ないお話。もしかして続編とか続いていけば、だんだん西遊記っぽくなるのかも…?原作読んでないので、そこは何とも分かりません。

f:id:kaixinxx:20210731104608p:plain

 

まず孫悟空の来歴からして、深刻な感じに作られてます。

その昔、天宮により討伐され粉々に砕け散った”魔王”がいたが、その魔王の残骸から生まれた石猿が花果山に暮らしていた。魔王の痕跡をせん滅しようと狙った”天機儀”によって花果山は焼き払われたうえ、凍らされ、崩壊してしまう。それまで幸せに暮らしていた石猿は”石心”となり、凍り付いて生き物がみな息絶えた花果山の地中に埋まってしまった。そこへ菩提がやってきて、石猿をよみがえらせ人間の姿にし、”孫悟空”と名付け、天宮を滅ぼすという使命を与えた――。

というわけで、孫悟空が復讐のために”天機儀”(天界を維持しているマザーコンピューター的なもの?)をぶっ壊しに天宮へ行く話。

 

映像の第一印象は、戦い方が雑。孫悟空なんでとにかく力持ちっていうのはわかるんですけど、とにかくでかい棒を振り回す!振り回す!振り回す!この棒があまりにでかすぎなんで見ててシラける。片手でシュンシュン回す動作ができないから両腕で抱えて「おりゃあああ~!」って感じで…重そうで、カッコ悪いです。あの棒、あんなに太く長く重くする必要あるのかなー??

孫悟空の敵は、上聖天尊ていう奴なんですがね、これがまた…ライダー映画に出てくるショッカー帝国の大物?ぐらいの感じです。尖った爪に長~いマント、血色のない肌色で、悪そな感じとわざとらしさは存分に演出されてるのですが、強いの?何のパワー?正体は何者?っていう、神秘というよりは疑問が湧きます(そいつの背後にいる大ボスは阿弥陀仏の仏像やし…)。

全ての力を掌握してるっぽかったわりには、最後のやられ方もあっけなく。あのでかい棒が命中しただけで、カリオストロの城みたいに要塞が崩れ落ち、戦いが終わっちゃいました。多数で襲いかかってくるショッカー的配置の”天兵”たちも、般若風の覆面で表情がなく、戦って死ぬときは炭の粉みたいに砕け散っておわり。

神仙たちが死ぬ時も、光となってポワーと消え失せる感じだったので、もしかしたら、むごい死に方みたいな描写にならないように気をつかってるのかもしれません。低年齢を意識したエンタテインメント映画なんでしょうかね? 

 

いや、お話が創作だとか、リアリティがないだとか、それはまあいいとして

私の好きな孫悟空がいなかったですよ。

エディ・ポン氏のお顔こそ男前でしたが、キャラ付けが・・・。やたらとでかい棒(如意金箍棒なんでしょうね)を振り回す感情的なキン肉マンていう感じでした。マーベルとかの感じなのかな~。 

 

てか、こんな孫悟空みたくなかったんですよ。。。

 ①心の底から恨んでマジな復讐をする孫悟空

 ②パワーに余裕なく全身全霊の闘いをする孫悟空

 ③女のために泣く孫悟空

 ④人間の姿になって女に恋する孫悟空 

③と④は韓国ドラマ「花遊記(ファユギ)」で既に犯された罪でしたが、ファユギの孫悟空では、余裕しゃくしゃくで破天荒というキャラは少なくとも守られてたわけです。本作は①と②の時点で、あっこれ孫悟空じゃないや、っていう異質さを感じてしまいました。なので③と④はもう、どうでもいいです。

 

 監督さんがデレク・クォック氏で同じなせいか、怒るときには野性的な猿の姿になり、ふだんは人間ぽい見た目になる、っていうところはチャウシンチー映画と一緒でした。

私が好きなヒーロー(孫悟空)じゃないっていうだけで、主演のエディ・ポンが好きだったら、まあ見るのかな。私には他にあんましおすすめポイントが見いだせませんでした。下手に西遊記好きじゃないほうが楽しめると思います。 

作品情報

原題    《悟空传》 中国映画

原作 今何在《悟空传》

監督    デレク・クォック(郭子健)

公開年 2017年

上映時間 123分

正直意味がわからん映画でした。それに、たぶん子供向けです。原作ファンなら楽しめるのかも?!

キャスト

孫悟空 エディ・ポン(彭于晏)

阿紫 ニーニー(倪妮)

杨戬 ショーン・ユー(余文乐)

天蓬 オウ・ハオ(欧豪)

阿月 ジェン・シュアン(郑爽)

サイコだけど大丈夫

Netflixで主役のビジュアルが美しすぎて気になっていました。

じつは「サイコ」っていうタイトルが怖くてなかなか見れなかったんです。。。

 

精神病院で保護司として働くガンテは自閉症の兄・サンテとふたりで生きてきた。兄を大切に思いながらも孤立しがちな日々に疲れ、辛くなってしまうこともある。

そんな中、美しいが衝動的に人を傷つける怖い女、ムニョンと出会う。ガンテとムニョン、心に喪失感を抱えたふたりが傷つきながらも寄り添い、自分らしい生き方を探そうとする物語。

f:id:kaixinxx:20210727233246j:plain

 

 

ストーリーはガンテとムニョンの出会いから、古い記憶の再生、故郷への回帰、成長、新しい家族をつくるまでが描かれていますが、私にとっては兄・サンテの素直さ、優しさ、ひたむきさ、前向きな姿に、皆が救われ続けるお話のように感じられました。

キム・スヒョンとソ・イェジはどちらも素晴らしかったです。序盤では行き場のない空虚な表情のガンテが、だんだんと孤独を溶かしていく変化も、決してやりすぎじゃなくてよかった。

ムニョンのほうも、人を睨みつける形相、地声で怒鳴り散らす粗暴さ、迷いなく刃物で傷つけようとする残忍さが本当に怖かったのに、終盤には憑いてた悪魔が取り払われたように優しい表情になっていて、なんだか感動を覚えました。

 

物語の前半では、社会に適応するために大きな苦労を強いられる自閉症者は大変で、そのお世話をする家族が疲弊するのも当然だし気の毒…という見方をついしてしまいますが、お話が進むにつれて、ガンテやムニョン、出版社の社長、同級生のジュリ、病院の患者さんたちやその家族、どんな人でもそれぞれに足りなさや過剰さを抱えて生きてて、自分を持て余したり人生に失望したりしている現実が見えてきます。

すると、自閉症者と”そうじゃない人”という区別には意味がなくなり、足りてなくても過剰でも、与えられた状況において良く生きることを考えよう、お互いを大切にしよう、そうすれば一緒に前を向いて生きられる、どんなことでも幸せを形作る材料になりえるんだ――。っていう気持ちになれました。

そう、、、深くてしかも明るい内容のドラマだったんですね~。本当に良い作品でした。ガンテとムニョンは超がつく美しい若者たちだし、サンテさんの笑顔とリアルな演技も素晴らしくて、最終回の感動と同時に、終わってしまうのが惜しかった。これから何回も見たくなりそうな作品です。 

作品情報

放送年:2020年

原作・制作: パク・シヌ、チョ・ヨン
全16回

◆トラウマ◆絵本◆自閉症毒親◆隣人の愛

許せない人から逃げたいあなた、最後には帰るべき場所を見つけたいあなたに。

キャスト

ムン・ガンテ: キム・スヒョン

ムン・サンテ(ガンテの兄): オ・ジョンセ

コ・ムニョン(絵本作家の女): ソ・イェジ

ジェス(ガンテの親友): カン・ギドゥン

ジュリ(ガンテの同級生): パク・ギュヨン

ジュリの母: キム・ミギョン

イ・サンイン(出版社の社長): キム・ジュホン

 

深夜食堂 中国版

深夜食堂』の中国版です。

皆が店じまいを始める夜更けに、静かに開店するお店。ここに通うお客にとって、マスターが作るお料理は一日の癒しであり、とっておきのイベントであり、なつかしい思い出であり、会えない人の面影であり……。

原作の日本版とほぼ一緒ではないかと思いますが(たぶん)、常連はサラリーマンの郝建コンビ、クラブ通いが趣味の忠さんに、ダンサーの玲玲、強面の龍兄貴、エルメス・エリザベス・ミスユンの即席麺姉妹、どこにでもいるごく普通の人々。

一日の終わりにカウンターを囲んで、それぞれの時間を過ごしながらお互いの話を聞き、人生に訪れるいろんな事——出会いと別れ、親子の絆、独りの寂しさ、若すぎる死、見果てぬ夢――に思いをめぐらせる。なにが本当の幸せかわからないけど、今ここで誰かと分かち合えることを大切にしたい。そんな気持ちになれる作品。

f:id:kaixinxx:20210721224346j:plain

刘昊然、黄磊(マスター)、徐娇(キキ)

音楽プロデューサー役の刘昊然、某ジェイさんにしか見えん。

監督は蔡岳勋、なつかしの《痞子英雄(Black or White)》の方ですねー。こういう流行りものが得意そうな監督さんと思いきや、ネット上では本作は「こだわりすぎ」、「日本ぽくしすぎて中国人には合わない」などなどの声あり、なかなか苦戦された様子でした。

恐れながら、華流韓流に洋画にとウツツを抜かしすぎて日本作品に全くついていってない私は、深夜食堂といえばこの中国版(黄磊版)しか知らないのです。もちろん原作が阿部夜郎さんの漫画作品で日本版のマスターが小林薫さんだということぐらいは分かってて、さらに香港版(梁家辉版)まである!のも今回知りました。ですが私のなかで好みのマスター像が黄磊さんに近い、それに目もくらむような豪華ゲストが次々登場するので、やっぱりこの《中国版》は見逃せないよな~と。

豪華な食材もない、ごく普通のお料理への思い入れとか、物静かだけど存在感だけで癒されるマスターのキャラクターを、中国人寄りに描き切るのは正直無理がありそうに思いますが、「日本っぽさ」にこだわってるとされる作りが結果的に良かったのかも。抵抗なく見られて、普通に感動して、普通に楽しめましたよ。

f:id:kaixinxx:20210721221632j:plain

見よ!キラ星のような豪華メンバー

第一話から目が離せなくなってしまったのは、好きな俳優さん・宋洋(ソン・ヤン)が出ていたからです。ヤクザっぽい兄貴役。タコさんウインナーほおばる姿が可愛くて。

マーク・チャオの回は感動、チャン・チュンニンはやっぱり美しかった~。ジャム・シャオがパフェ食べる姿もかわいかったな。そうそう、某ドラマでストーカー総裁してたシュー・カイチョン氏も出演されておりましたが…スーツじゃなかったので神通力消滅。無念。

 作品情報

原題 《深夜食堂

制作国 中国

制作年 2018年

集数  全40話(amazon primeNetflix

監督 ツァイ・ユエシュン(蔡岳勋)、フー・ハンチン(胡涵清)

 ◆豪華ゲスト多数◆しみるレシピ◆人生いろいろ◆ラーメン作りたくなる

居心地のいいお店に通うみたいに、ひと晩ずつゆっくり味わいたい作品。

キャスト 

マスター:黃磊

ユン:谢承颖*即席麺三姉妹

エルメス:李佳桐*即席麺三姉妹

エリザベス:吴昕*即席麺三姉妹

リンリン:杨壹童

ロン:宋洋

ショウシュー:姚安濂

 **ゲスト俳優**

リウ・ハオラン(第2~4話 鱼松饭)

  →《唐人街探案》《琅琊榜之风起长林》

シュー・チャオ(第2~4話 鱼松饭)

  →『長江7号』の子!

マーク・チャオ(第7~9話 乐乐套餐)

ジャム・シャオ(第11~12話 跳舞西西)

チャン・チュンニン(第12~14話 酱油炒面)

チェリー・イン(第14~15話 伤心凉粉)

  →陳小春の奥様

チュー・アオフイ(第14~15話 伤心凉粉)

  →『萌妃の宮廷絵巻』の甄世爽氏

フィオン・フォン(第19~20話 鸡蛋三明治)

  →from《痞子英雄》

シュー・カイチョン(第19~20話 鸡蛋三明治)

  →『旦那様はドナー』

シュー・ジエカイ(第21~22話 红枣粽子) 

イェ・チン(第27~29話蜜桃成熟时)

  →《锦衣之下》

リッチー・レン(第29~31話 鱼香肉丝)

シーシー(第34~36話 鱼汁蒸蛋)

  →『明蘭』の墨蘭姉さん

アイビー・チェン(第36~37話 炸糯米圆子)

卜学亮(第36~37話 炸糯米圆子)

ホー・ジョン(第39~40話 老柴鸡汤)